Aug 2, 2012

前景草テネルス、10ヶ月目。

テネルスのランナー

夏の異常な水温になると、
水草の成長にはどんな影響があるのでしょう。

定期的に取り上げているテネルス、最近は、水温が夜でも30℃近い状態ですが、ランナーが一生懸命伸びている状態を見ると、生命のチカラ強さを感じます。写真の張り巡らされたランナー素敵ですね。

夏場は水温上昇中。

ただ実際には、水温上昇によって酸素も二酸化炭素も少なく(水に溶けなく)なり、きっと苦しいはず。
そこで・・・

外部式フィルターから水が戻る際に酸素を巻き込ませる
水の蒸発も無理に塞がず気化させる
その分マメに水を補給する
ベタには申し訳ないけど、若干水流を作る

をしています。
以上、最良ではありませんので、アイデアベースでご参考までに☆

こんな芽も。

関連ページ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ 人気ブログランキングへ

Posted in ノート, 水草Comments Closed 

関連記事

関連コンテンツ