Sep 3, 2012

夏の事件、迷宮入り。

[写真]浮かんでる系のマーブルハチェット

いない。
ハチェットがいない。

ハチェットが1匹、いつものように水槽内にいませんでした。水槽の裏にも、台の下にも、コードまわりにも。ガラスふたの隙間からジャンプしたのでしょう。ケースA。跳び出したことが頭をよぎってますが、その逆はどうだろうか。前日まで元気いっぱいだった。どこかに挟まっている、暑さで弱りエビに裏に連れて行かれた。ケースB

サカナのキモチ、ホンネのところが聴けるならいいのですが、出来ないのが残念ですね。

元気いっぱいで跳び出したのか、
逃げたくて跳び出したのか。

とても重要。

ハチェット、普段は停まったままポーカーフェイスですが、エサの時間となると、人格変わったかのようにアクティブ。性格も穏和なマーブルハチェットは名脇役として、とってもオススメ。ジャンプしても大丈夫なくらい広く深めの水槽で群れさせてあげたら、とっても素敵だと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ

Posted in ノート, マーブルハチェットComments Closed 

関連記事

関連コンテンツ