Feb 21, 2013

茶こしで餌場を作ってみた。

フードキーパーから消えてしまう餌

バルーンラミレジィが来てから、フードキーパーに置いてあるオトシンクルス用の餌がなくなる事件が発生しています餌はエビ用の固い四角い餌で、魚が簡単に食べれるものではありません。どうやら、バルーンラミレジィが口で持ち上げたときに、フードキーパーから落ちてしまっているようです。そのような時には、フードキーパーは高さを調整するすることが出来るので、狭くして大きな魚が入ってしまうのを防ぎましょう

調整できることをすっかり忘れ
サカナノートでは・・

// 代わりになるフチの深い入れ物がないだろうか。 //

ビン

[写真]ガラス瓶で餌場作成

何年か前に雑貨屋さんで購入したオシャレなビンを思い出しました。ただ、入り口に向かって内側に傾斜していることによって、どうやらこれだけでも、魚は“出方が分からない”ようです。瓶ゆえに穴が空いていないことによって匂いが伝わらないからか、ヒメツメガエルやオトシンクルス、ラムズホーンに気付かれずらいことや、溜まる食べカスやフンによる衛生面を考えて却下となりました。

茶こし

[写真]茶こしで餌場作成

茶こしが!?大変身します
100円ショップで購入です。

[写真]茶こしで餌場作成

この深さなら餌が出てしまうことはないでしょう

[写真]茶こしで餌場作成

先ほどガラス瓶のワイヤーを茶こしに付けてみました。ぴったり

[写真]茶こしで餌場作成

茶こしのフードキーパー完成

[写真]茶こしで餌場作成

適度に中の様子も見れますね。ただ、水に浸り続けるステンレスによって水質変化が起きなければ・・という懸念は残ります。ブラスチックやポリプロピレンの茶こしなら!と思いましたが、それだと浮いてしまうのかもしれませんね

茶こしキーパー。高さを水面より上に調整すれば、一時的な稚魚入れだったり、水草置き場にもなりそう


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ

関連記事

コメント2件

 333ばんきん | 2013.02.21 12:00

茶漉し、便利そうですね。
いろいろなDIYに使えそうなので、
自分もいくつか買ってこようと思います。
卵専用のサテライトとしても良さそうです。

 サカナノート | 2013.02.23 13:36

>333ばんきんさん

そうですね!
歴史のある茶こし、素材もサイズもバラエティがたくさんありそうです。

茶こし業界の人達は、こんな使われ方しているとは思わないかもしれませんね(^^)

関連コンテンツ