Mar 14, 2013

水槽と光触媒の植物

水草の茂る水槽のある部屋には、他にもパキラ、アレカヤシ、ガジュマルがあります。

パキラ

[写真]パキラ

購入時は缶ジュースくらいの背丈だったパキラ。それから15年くらいが経ちましたでしょうか。掃き出し窓よりも背が高くなってしまったので光が当たりません。。それでも元気なパキラは本当に丈夫買う際には、育てる覚悟を決めてから買いましょう。

アレカヤシ

[写真]アレカヤシ

アレカヤシは、部屋をアジアンにしたくて購入しました。こちらは10年目くらい。根が伸びる勢いがすごく、鉢底から飛び出て、鉢皿にも伸びていますので、水を与えるときには鉢皿にも入れてあげています

ガジュマル

ガジュマルは、100円ショップから来ました。当初は握りこぶしくらいのサイズでしたが、2年ほど経ち、立派に育ってくれています!妖精がいるらしいです

それと、

[写真]光触媒

それと、光が当たると空気を清浄してくれる光触媒の植物。空気の清浄はあまり期待していなくて、育てなくて良いことと、部屋を明るくしてくれる“花”としての存在が欲しく、お試し購入です

そんな作りものの植物。直射日光の当たらない暗めの水槽付近に置いてみると、とても不思議なコラボレーションです。暗くても枯れないメリットがありますが、光触媒としての効果も出す為には、水槽の照明のおこぼれではなく、ちゃんとした光を当ててあげることが必要かもしれません



にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ 人気ブログランキングへ

Posted in アイテム, ノート, 水槽Comments Closed 

関連記事

関連コンテンツ