Jul 2, 2012

引越しと水槽 Vol.9

ベタとの信頼関係の回復

やはり“引越し作業”を通して、かなりの恐怖感を与えてしまったようです。餌を上げても出てこないし、ガラス蓋を開けようものなら、バシャっと跳ねてしまう程。頭がいい分、他のサカナが平気なことでも、この子だけは敏感に反応。

信頼回復に一週間はかかったことでしょうか。。

いまではシューンと来てくれるようになりましたが、瞬間的な大きい振動が伝わった時には、変わらず流木の陰に隠れてしまいます。ほかの子はいたって普通にしているので、知能の高さをうかがえます。

人の見やすいように、観賞用として、ベタはコップで飼えることもうたわれていますが、魚が感じるストレスを考えると、水槽が小さすぎないこと、水草が茂っていること、隠れるスペースがあること、魚を入れすぎないこと、昼夜逆転している種類を混泳させないことも大切ですね。網で追われて、救われて、(車で)揺られて、移動の間に水温の変化があって、そして、水槽に放たれるまでの引越しの一連の流れは、魚にとっても疲れることを忘れてはいけないですね。

以上
引越し編終了。。

ガラスに映る自分にフレアミング
(引越し後、ガラスに映る自分にフレアミング(威嚇)中)

関連ページ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ 人気ブログランキングへ

Posted in ノート, ベタ, 水槽Comments Closed 

関連記事

関連コンテンツ