Jan 16, 2015

隣の30cm水槽プラン

3年以上の月日が経過したメイン水槽。
その隣に置く30cm水槽は・・。
例え、サカナや水草を変えたり、レイアウトを変えたとしても、
同じような雰囲気の水景だとちょっと面白みに欠けますね。
同じような水槽を作っても、つまずくポイントも同じだろうから、
得られる経験も少なそう。

人工の物が入るのは避けたいところだけれども、
今回は、ちょっとだけ“ベタの居心地”を優先して造ってみたいと思います。

「2015ベタのおうち♪」

今回のポイントは
浅瀬と深み。
狭すぎず広すぎず。
優しい水流。
数年後のメンテナンス性。

まず用意したのは、

●仕切り板
水槽を増やすスペースはないけど、反比例してどんどん生まれるアイデア、膨らむ欲望・・。
最初の大きな決断、仕切り板で水槽を分断してみます。
ベタの居場所のほうは、他の生き物はなしでストレスをなくしてあげたいな。

sakanakaimono201501-1

●アクリルケース
次に用意したのは、アクリルケース
“水入れ不可”と書いてあったけれど、
水のなかに入れてしまうのは?(^^) 良いよね?

sakanakaimono201501-case-1

他には、

●100円の鉢底ネット

sakanakaimono201501-net-1

●使い古しのろ材

sakanakaimono201501-net-3

●三角コーナーの水切り袋

sakanakaimono201501-net-2

●余っていた新しいソイル
●余っていたフィルターマット
●使い古しの溶岩石
●使い古しの流木

などなど・・
これらをどう組み立てたのかはー、
今度の記事にて


関連ページ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ 人気ブログランキングへ

Posted in ノート, 水槽Comments Closed 

関連記事

関連コンテンツ