Jan 18, 2013

水草のコケ対策とピンセット

みなさんはコケ対策はどうしていますか?

ある日気づくと、細い細い糸のようなコケが至るところに殖えてしまっていました。アヌビナス・ナナやテネルスやウィローモスなど、しっかり根が這ったり活着した水草の上に生えてしまったので、外に出して洗うことはできません。

時期を考えると、コケが目立ってきたのは、この冬から。照明を2灯にしたことによる影響でしょうか。もしくは、ミクロソリウムがなくなり、実はちょうど保たれていた何かのバランスが崩れたか。

コケを食べるエビ、オトシンクルス、ラムズホーンも無視するそれらの茶色いコケ。。さてどうする。そうなれば自力で取る!

[写真]ヤマトヌマエビ [写真]オトシンクルス [写真]レッドラムズホーン

 

Vol.1 水草用のピンセット
カミハタ・アクアフィオーレ 水草用ハサミ

コケを抜こうとしても刃先のギザギザの間をすり抜けてしまいました。10回引っ張っても1回奇跡が起きて抜けるかどうか。水草用のピンセットは、レイアウトには適していても、コケを抜く為には向いていないようです。そりゃそうですね。

[写真]アクアフィオーレ AQUA FIOREの刃先

 

Vol.2 クラフト用のピンセット
アネックス・ステンレスピンセット

ギザギザのないピンセットを探して有楽町の東急ハンズへ。いろいろなピンセットがありますね!刃先の狭さを横から凝視している姿は、職人っぽさ抜群 刃先がしっかりくっついて、コケをしっかり掴めそうかどうかがポイントです。購入したピンセットのこの刃先の形、『ツル首ピンセット』といい、別名『歯科用ピンセット』とも呼ばれるそうです。

結果は成功!おもしろいようにコケが取れること取れること、精が出ます 葉の表面に生えてしまっているコケは、抜けるというよりプチっと心地よい音と共に取り除くことが出来ました!

[写真]アネックス ステンレスピンセット

この刃先の平らさ。
[写真]アネックス ステンレスピンセット

掴んだら離さない密着具合。
[写真]アネックス ステンレスピンセット

イイ感じの形状。
[写真]アネックス ステンレスピンセット

持つところ。
[写真]アネックス ステンレスピンセット
実際に、アヌビナス・ナナに生えるコケを取ってみた例です。この写真の状況は、目を覆いたくなりますね。なんとかしたい気持ちでいっぱいになります

[写真]アヌビナス・ナナ。苔取る前。

取ってみました。いかがでしょう!
[写真]アヌビナス・ナナ。苔取った後。

おもしろいほど軽快に。
[写真]ピンセットで抜いたコケ

※リンク先はamazon.co.jpになります。

 

Vol.3 クラフト用のピンセット
アネックス・竹ピンセット

Vol.2のピンセットの保険で購入。竹の摩擦に期待しました。こちらも十分にコケを取り除くことが出来ました!能力では少し劣る面はありますが、金属ではないその握り心地はとても優しい感触で、冷たさもありません。これはこれでいいかも

[写真]アネックス 竹ピンセット

期待してしまう平らさ。
[写真]アネックス 竹ピンセット

隙間のない密着。
[写真]アネックス 竹ピンセット

お箸みたい。
[写真]アネックス 竹ピンセット

結構、品もあり。
[写真]アネックス 竹ピンセット

※リンク先はamazon.co.jpになります。

この2つのピンセットのおかげで、簡単にコケが取れるようになりました。逆に、エビ、オトシンクルス、ラムズホーンの為に抜きすぎないようにする予定です。とてもおすすめな逸品なので、困った際にはぜひ使ってみて下さい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ 人気ブログランキングへ

関連記事

コメント2件

 333ばんきん | 2013.01.18 23:41

このコケ、うちにも出るんです。
まさにその通りで、ピンセットをすり抜けます。
クラフト用のピンセットは、
捨てるほどあるので、
早速使って見ることにします。

 サカナノート | 2013.01.19 13:31

>333ばんきんさん

コメントありがとうございます。
1本単位で掴み取れますので、ぜひお試し下さい!

“クラフト用”なので、
長さが短いことは妥協点ですね^^

関連コンテンツ