Sep 17, 2012

レッドラムズホーンをショップに提供☆

殖えてしまったレッドラムズホーンどうしていますか?
水草保護とレッドラムズホーンの栄養不足回避の為に、
何らか策を考えなければなりませんね。

人にあげる
買い取ってもらう
引き取ってもらう
販売する
水槽を増やす

数社のショップにについて問い合わせた結果、
今回はA社に引き取ってもらうことにしました。
別のショップでの買い取り価格は‥、
古本よりは良いですが割に合わない額でした

[写真]まずはワンルームにピックアップ。

さて、春に“2匹”の親貝から始まった繁殖。
旅立たせる日がやってきました。

まずは捕獲です、
ベタ用の//ワンルーム//(写真上)にピンセットでピックアップ。
だいぶいますね。。
アクティブなレッドラムズホーンは、
貝の上に貝、その上に貝。まるで団子のようです。

[写真]ビニールに水槽の水と貝を移動

まずは袋に水槽の水を入れて、貝とつかまる為の水草を用意。
ビニールにもくっつきますが、きっと葉のほうが落ち着きますもんね

縛るとこんな感じになりました。
酸素ボンベを持ち合わせていなかったのでペタンコです。

[写真]輪ゴムを留めて完了!

ほどよい紙袋に入れて、さて、家を出ましょうかね。
ショップまではおよそ30分

たくさん育ってくれてありがとう。
そのショップの水槽掃除の役に立てるか、そのショップから誰かに買われていくか。
血が濃くならないように、
他のレッドラムズホーンと出会ってくれますように。

[写真]一部はこれからも水槽に。

一部の稚貝は、
今後の水槽美化を託して、残ってもらいました

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ

Posted in ノート, レッドラムズホーンComments Closed 

関連記事

関連コンテンツ