Sep 21, 2014

サイフォントラブル報告書・・

(通勤前の出来事にて写真はありません)

先日の関東での地震。因果関係があるかは分からないけれど、
それから半日以上経った翌日早朝、サイフォントラブルが発生。
水槽から水が溢れていたのです。

水槽には、メイン水槽だけで循環するフィルター(エーハイム2211)と、
メイン水槽から吸い上げワインクーラー水槽に注ぐフィルター(エデニックシェルトV2)があり、
ワインクーラー水槽からメイン水槽へは、サイフォンの原理で水が戻ります。

最近はエデニックシェルトを掃除しても回転数が上がらなくなっていたので、、
両方の水槽を繋ぐサイフォン用パイプは“1本”で賄っていました。
そこから全てが始まった。。

その日・・

エデニックシェルトが完全復活したのですΣ(゚д゚lll) なぜに。。
最近のエデニックシェルトが送り出す流量を“1”とすると、
見た目“10”くらいの水量がワインクーラー水槽に注がれていた気がします。

どんどん水を吸われるメイン水槽。
どんどん水が注がれるワインクーラー水槽。
サイフォンでメイン水槽に戻る水。
サイフォンの許容量を超えて、水かさの増すワインクーラー。
縁を越え溢れるワインクーラー。

朝気付いた時の様子は、メイン水槽の水量が水槽の5割くらい、
ワインクーラー水槽の水量は9割くらい。
この状態で、溢れも収まり普通に動いていたのです。
サイフォンで繋がっているので、溢れた水の量だけ、
両方の水槽の水面が下がるので、ワインクーラー水槽に勢いよく水が注いでも、
溢れない高さまで水面が下がったところで吊り合っていたのです。
不思議ですねー。

201409_trouble

とりあえずサイフォン用のパイプを4本へ。
水槽の下に鉢受けのようなものを置くとか、吸水シートを置くとか、
水を吸ってくれる本やタオルなどを保険で置いておいたりしておいたほうが
良いかなーと考えさせられましたー。

エデニックシェルト復活のナゾは解けず・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ

Posted in ノート2 Comments » 

関連記事

コメント2件

 朽葉 | 2014.09.21 9:49

おはようございます^^
機械ってたまに驚かされますよね…;w

前も聞いたのですが、まだサイフォンの原理がわからないので、質問します;;

あのパイプを買ってきて、ちょんと水槽のところにかければいいだけですか?

本当に毎度毎度すみません;
頭が本当に悪いんだと改めて知らされます…;

 サカナノート | 2014.09.22 0:53

朽葉さんー

はい、パイプをちょんと掛けているだけですー。
特に電力などは使っていなくて、自然に水が流れていくんですよ~。

AとBの水槽があったとして、AからBにモーターで水を送ると、
重力でAとBの水の量が同じになろうとして、
BからAに流れていくんですー(‥)/

関連コンテンツ