Jan 5, 2016

年始の水槽珍事。

昨年最後の記事は、2つの水槽のサイフォン連結の様子でした。そして、最低でも2本は連結のパイプがあると安心であると。その後、当の本人はというと、数日間帰省で家を空けてしまうこともあり、更に念には念を入れ、サイフォン連結パイプをなんと4本にして家を後にしたのです。ただ、使用していないストレーナーが4個もあるわけもなく、パイプ2本はそのまま設置です。

小型水槽

数日後、帰宅すると・・

《左の水槽》
ベタ…1匹
ナノストムス・ベックフォルディ…2匹
マジナータスペンシル…1匹
ネオンテトラ…2匹
オトシンネグロ…1匹
ヤマトヌマエビ…1匹
キラースネール…1匹
ラムズホーン&ミナミヌマエビたち
《右の水槽》
ベタ…1匹
ボララス・ブリジッタエ…4匹
ゴールデンハニードワーフグラミー…1匹
ナノストムス・ベックフォルディ…1匹
オトシンクルス…1匹
オトシンネグロ…1匹
ヤマトヌマエビ…1匹
ラムズホーン&ミナミヌマエビたち
▼▼ 数日後 ▼▼
《左の水槽》
ベタ…1匹
ナノストムス・ベックフォルディ…1匹
ネオンテトラ…2匹
オトシンネグロ…1匹
ヤマトヌマエビ…2匹
キラースネール…1匹
ラムズホーン&ミナミヌマエビたち
《右の水槽》
ベタ…1匹
ボララス・ブリジッタエ…4匹
ゴールデンハニードワーフグラミー…1匹
ナノストムス・ベックフォルディ…2匹
マジナータスペンシル…1匹
オトシンクルス…1匹
オトシンネグロ…1匹
ラムズホーン&ミナミヌマエビたち

ペンシル2匹が左の水槽から右の水槽へ、ヤマトヌマエビは右から左へ移動。流れに身を任せた(吸い込まれた?)ペンシルはともかく、ヤマトヌマエビは頑張って水流に逆らったのだろうか。。

サイフォン連結時の水位

サイフォン連結をする場合は、フィルターが詰まっていなく水の勢いがある時が良いかもしれません。少し勢いが落ちている時にサイフォン連結をし、その後、フィルター掃除をしてしまったりすると、パイプを通る水の量を上回ってしまい写真のように簡単に水位が上がっていってしまいます。これはかなり慌てます

関連ページ

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ

Posted in 水槽Comments Closed 

関連記事

関連コンテンツ