療養中の朱色のハーフムーンが・・・

ベタ

療養中であった朱色のベタがなくなりました。。普通に寝ているかのように。お店にいたときから、ヘビのような野性味溢れるクネクネしたフレアリングで、ここに来てからも、人とは一定の距離感がありました。そんなベタが心を開いて寄ってくるようになった頃、身体への異変を見つけたのです。

betta-halfmoon-2

まずは、身体にちょっとした傷のようなもの、傷というよりもっと小さな小さな何か。そこから、もしかしたら菌が入ってしまったのかもしれません。その後、なんだがお腹が出てきたような様子になり、少しだけ松かさ病になり、療養に入りました。遅かったかぁ。

betta-halfmoon-3

狭いところをくねくね入っていくのも好きな子だったので、ここでベタ飼育に関して気付いたこと。ベタは水草や流木が好きだけれど、流木の形状であったり、ガラス面と近づけ過ぎないことであったり、設置に気を付けないといけないですね。普段は問題なくても、ふいに驚いたりするときにぶつかって傷付いたりしないように。

betta-halfmoon-1

ワインクーラー水槽のはじめを飾った魚、朱色のベタ・ハーフムーン。13年目の2mパキラの土に埋めてあげました。


関連ページ


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ