観察☆ハンディ顕微鏡mini

レイメイ ハンディ顕微鏡mini グッズ

歩くおじさんを木だと思っているセミがいました

人はたくさんいるのに、ひたすらそのおじさんに止まろうと。。ちなみにおじさんのシャツはピンク色。

小学校の頃の夏の宿題の思い出といえば、本物そっくりに作りあげた紙粘土のカブトムシ、クワガタ、蝶、セミ。そう、父親製です。小学低学年ながら『えー!そりゃ出来過ぎだよ。。』と作品を持っていくことに気が引けたことは今でも忘れません。。粘土昆虫の下に敷いた木々の絵は自分で描いたので、その辺の親子コラボがあったからこそ、賞をもらえたのでしょうね。でなかったら、完全な大人の作品になるところでした。。

そして大人になった今、ハンズで見つけたのは顕微鏡(レイメイ ハンディ顕微鏡mini)。いわゆるちゃんとした黒い顕微鏡だったら要らないのだけれど、こんなコンパクトにデザインされたら好奇心で惹かれてしまう倍率は15倍でしたが、電池が入っていてライトを付けることもできるんですよ

レイメイ ハンディ顕微鏡mini

もちろん、見付けた瞬間に思ったことは、『これをスマホのカメラで覗いて撮ったらブログネタにもいいんじゃない!?』

ということで、
不思議なものを観察開始

アマゾンフロッグピットおもて
kenbikyo201308-2

アマゾンフロッグピットうら
これが浮力の仕組みですね。
kenbikyo201308-3

アマゾンフロッグピットの根
魚たちにはこのくらいのサイズ感で見えているのでしょうか。
kenbikyo201308-4

テネルス
kenbikyo201308-5

餌(メディフィッシュ)
kenbikyo201308-6

餌(乾燥アカムシ・・・・)
お食事中でしたらすみません。。もしかして右側のそれって・・
kenbikyo201308-7


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ