タナカカツキさんのトークイベントへ☆

イベント前の様子 イベント

文化や美術の側面からの
水草へのアプローチがとても新鮮!

タナカカツキさんのトークイベントに行って参りました!その名も『タナカカツキが「美の壺」水草水槽特集では語りきれなかったことを大いに語る夜』。タイトル長いー

場所は東京港区青山にある『FARO』。レストランもあり、隠れ家的な雰囲気がとってもオシャレ!普通に食べに来てみたいくらい。さっそく、ケータイにもブックマークしてしまいました。

雰囲気良かったFARO

本題に戻り、イベントは18時からで、FAROには17時45分くらいに入りました!席は既に半分程が埋まっていました。来ている人たちから聴こえてくる会話は、水草のことであったり、水槽のことであったり・・、さすがディープです

イベント前の様子

でも、その雰囲気に“熱帯魚”という言葉から彷彿させるマニアックさはまるでなく、みな普通に街なかなかにいるお洒落な人たちでした。そんな一面からも、水草を育てることが普遍化してきたことを感じますね

トークイベント

イベントは、世界水草コンテストの上位作品のポイントや構図の説明、『大改造!!劇的ビフォーアフター』で水槽が出たおもしろい話や、和室の襖やらんま、庭、生け花など昔から植物を親しんできた日本の文化、造形のエッセンスなど、水草の育て方だけではなく、現代の暮らしのなかでの水草水槽の存在意義を考えさせられる深みのあるトークイベントでした

水草のプレゼントも!

参加者には、水草のプレゼントもありました!こちらをゲットです

頂いた水草はこれ!

ボトルアクアリウムの説明も

ボトルアクアリウムの仕方

サインを頂きました!えっへん

(ちゃま・・・)
サイン頂きました。

熱帯魚や水草で何か知りたかった時、ショップの方へ聞いたり、書籍を見たり、インターネットで調べたりしてきましたが、共通していたことは“今起きていることを解決する為”でした。

文化や美術としての側面からアプローチするタナカカツキさんのトークイベントはとても新鮮で、これまで以上に水草水槽に惹き付けられるきかっけになりました。

さて、頂いた水草をどうしたか・・
それは次の記事をお楽しみに!

イベント名
タナカカツキが「美の壺」水草水槽特集では語りきれなかったことを大いに語る夜~
開催日時 2013年9月21日(土) 18:00
場所
FARO(東京都港区南青山2-15-5)

関連サイト


にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ