ソイル無しからソイル有りへ3時間で変更!

35cm完成完成
35cm水槽完成
水槽

水槽内に沈めたプランター部分以外には底床を敷かなかった現在の水槽、そんな水槽にソイルを入れたくなってしまった。ソイルを入れるとすれば、終わるまでに必要な時間は2〜3時間程度かなー、子どもの寝静まった夜中だな(^^)

おおよそこのような流れ

  1. 事前に流木が沈むようにしておく
  2. 事前にお魚移動先の水場をつくる
  3. プランターを出す
  4. 構成最終チェック
  5. ヒーター停める
  6. 外部式フィルターを停める
  7. 水槽の水を抜く(再利用分)
  8. お魚移動
  9. 水槽底辺の堆積物の水を抜く(捨てる分)
  10. 仕切りを入れる
  11. 底上げ用に底面フィルター入れる
  12. ソイルを入れる
  13. 流木や石を入れる
  14. ソイルの少し上まで水を入れる
  15. プランターの水草を植栽
  16. 水を入れる
  17. ヒーターつける
  18. 微調整
  19. 水槽と魚の一時移動先の水温差を合わせる
  20. 魚移動
  21. 浮力で抜けた水草のメンテ
  22. 完成!

おおよそこのような流れで無事終了しました。

部分的にその時その時のシーン

プランターを出す

水草を取り出すのだけは簡単♪これごと水槽から取り出せば良いのですし^^ ラムズホーン付き。
水草

構成最終チェック

ごめんね!泳いでいるなかで最終確認させていただきました・・。
構成を考える。

ソイルを仕切る方法として、今回も小物収納用の仕切り板を利用します。アイデア次第で様々な組み方が出来て便利。
ソイルを仕切るアイデア

水槽の水を抜く(再利用分)

水は再度使うので取っておきます。水が少なくなると魚をすくいやすいですね。魚も逃げ回る時間が少なくてすむので体力消耗&ストレスを防げるかも。
水が少なくなると魚をすくいやすい。

お魚移動

魚と水草の一時移動場所。数時間で終わらすことを決意していたのでコンパクトな容器にしました。
魚と水草の一時移動場所。

仕切りを入れる

ヤマザキカズラの根とポトスの根が入り乱れてます・・すごいボリューム。水槽の後方最奥は何も入れず、根っこのポケットや魚にとっての深みとして活用します。右奥はフィルターのストレーナー用の深みです。下のほうの水を吸い上げて欲しいのと、目隠しも込めて。
ヤマザキカズラの根

底上げ用に底面フィルター入れる

底上げ用には底面フィルターを利用しました。
仕切り板、底面フィルター

ソイルの少し上まで水を入れる

プランターから水草を取り出し植栽です。ヤマザキカズラの根も乾かないように時折霧吹きを。
ソイルより少し高めの位置まで水を。

完成!

やっぱりソイルがあったほうが美しい♪

35cm水槽完成

35cm水槽完成

水上の様子。

水上の様子。

左斜め前から

左斜め前から

ソイルの傾斜は奥行というより両サイド

ソイルの傾斜は奥行というより両サイド

この時の水槽周りは23℃

この時の水槽周りは23℃

右斜め前から

右斜め前から