水草プランター水槽、トライ・アンド・エラー。

水草を取り出しやすいのはメリット
水草を取り出しやすいのはメリット
水槽

ソイルを全面に敷かなかった今回の水槽。視界に入り始めた堆積物が気になり始めたら、もう戻れない。本格的に寒くなる前に掃除だ!アタマのなかでイメージする掃除の流れはシンプル。水草プランターを取り出す→底面フィルターを取り出す→掃除→フィルターを戻す→水草プランターを戻す。

トライアル・アンド・エラーの繰り返し

トライアル・アンド・エラーの繰り返し

掃除するまで

水草プランターを取り出す

いきなりのつまずき。水草プランターを持ち上げると、プランターの底穴から出た根が底面フィルターと絡んでいて、底面フィルターまで持ち上がってしまったのです。堆積物、若干フワー・・・。そうね、底面フィルターは単独で沈んでくれるものでもないし。あ、ヒーターも外れた。。

水草プランターを持ち上げると・・

水草プランターを持ち上げると・・

取り出した水草の様子

元気いっぱい。このなかにはラムズホーンもいっぱい(もうしばらく我慢してね)。底穴があるので、取り上げた後に、お水を上から入れてあげたら、ソイル内の堆積物を少し流してあげることも出来そう。

水草プランター

水草プランター

堆積物の様子は?!

生き物は少なめといえど3~4ヶ月分経つと、かなりの量。フンや、枯葉や、マジックリーフの芯の部分など。

堆積物&ラムズホーンたくさん・・・。

堆積物&ラムズホーンたくさん・・・。

堆積物は、サイフォン式のホースで吸い上げました。お掃除終了!点呼とりまーす。数えやすい♪ 後ろに写る根は、ヤマザキカズラとポトスの根。

お掃除は終了。

お掃除は終了。

掃除の後

水草プランターを戻す

水草プランターを水槽内に戻す際に新しい気付きも。水草プランターを沈めようとすると、当然のことながら底穴から水が入って来るわけで、ソイル内&ソイル上の堆積物が少しフワーっとなりました。ま、よく考えたらそうなりますよね。。

当初、水草プランターの下に敷いていた底面フィルターは、プランターの底穴から出てくる水草の根や、ヤマザキカズラの太い根が絡まるのを避ける為に入れませんでした。

プランターを戻して掃除終わり。

プランターを戻して掃除終わり。

結論

水草をプランターに植えて水槽内に入れると、そこまで時間や体力も使わないで大掛かりな掃除が出来そう♪複数の高さやサイズの異なるプランターを入れて、高低差や奥行を出してみるのも面白そう♪